PARKERソネットボールペンレビュー【ジェットストリーム互換】

文具

こんにちは、細腕トシです。
皆さんは筆記具にこだわりはありますか?
僕の体感なのですが、腕時計が好きな方は筆記具や革製品などにもこだわりがある場合が多い気がします。
私も筆記具には少しこだわりがあり万年筆やボールペンを集めています。
今日はその中でもPARKERのソネットのボールペンをレビューしていきたいと思います。
このソネットは彼女にプレゼントしてもらった特にお気に入りのボールペンです。
選ぶ際にはインターネットなどでいろいろ調べたのですが定番過ぎて意外とレビュー記事がなかったので皆さんのお役に立てれば幸いです。

結論

PARKERソネットボールペンの良い点、悪い点

良い点

  • ブランドの知名度が高く印象が良い
  • 比較的細身なのでかさばらない
  • ジェットストリームの替え芯が使える

大事なことなので強調しました(笑)。

悪い点

  • 定番モデルなので他の人と被る
  • 手の大きな人には細すぎて書きにくいかも
  • 金属軸なので少し重い

初めての高級ボールペンを探している方にオススメ1本です!

PARKERとは

https://www.parkerpen.com/ja-JP/gifts

創始者であるジョージSパーカーは、1888年に電信術の教師をしているときに学生の万年筆を修理し、漏れのない、よりよいペンを作れないものかと考え、1889年に特許を取得してペンの組立を開始した。
パーカーは、米国及び英国でもっとも成功したペン製造会社のひとつであり、ジョージSパーカーの方針であった「よりよいものを作れ、そうすれば人々はその製品を買うであろう」を受け継ぎ、現在では英国およびヨーロッパにおいて生産が続けられ、クラシックモデルは世界中の収集家が探し求めている。

https://www.ippitsukan.com/brand/parker.html

ソネットとは

ソネットとは、14行から成る近世ヨーロッパ文学の小押韻詩形のこと。優雅でバランスのとれたスタイル、手になじむ心地良い大きさ、控えめでありながら完璧なペンです。時代を超えて多くの人に愛される美しさと機能性を兼ね備えた「ソネット」は、パーカーのベストセラー商品となっています。

https://www.ippitsukan.com/shopdetail/000000006080/ct4534/page1/recommend/

レビュー

私が購入したのはラックブラックGTと言われるツヤ有のブラックに金具がゴールドのモデルです。

パーカーの特徴である矢印型のクリップです。
このクリップは数年前にリニューアルされ形が少し変わったみたいです。

口金の部分です。
こちらも数年前に仕様変更がありよりシンプルな形状になっています。

持つとこのような感じです
真ん中のゴールドのリングの少し手前に重心がありバランスは良いと思います。
私は男性にしては手が小さいのですが細身でとても持ちやすいと思いました。
逆に手の大きい男性には少し細すぎるかもしれません。
また金属軸であるため28gと少し重めです。

PARKERのソネットは定番モデルですので使っていると人と被ることは多いです。
そこから筆記具の話になって盛り上がることもしばしばあります。
また、他の高級筆記具ブランドと比べてPARKERのブランドイメージは良いと思います。
周りに知的で誠実な印象を与えたい方などにはぴったりではないでしょうか。

ジェットストリームの替え芯が使える

パーカーにはパーカータイプと言われる規格の芯が使われており、購入時はPARKER純正のQUINKflowのM(中字)が入っています。
これはヌラヌラと書けるのですが、手帳に細かく書くには少し太いです。
そこで私はジェットストリームの0.38の替え芯に交換して使用しています。
高級ボールペンでジェットストリームの書き味が味わえるのは1番のメリットかもしれません。

こちらが書き比べてみた画像です。
太さがかなり違います。

まとめ

PARKERソネットボールペンの良い点、悪い点

良い点

  • ブランドの知名度が高く印象が良い
  • 比較的細身なので嵩張らない
  • ジェットストリームの替え芯が使える

悪い点

  • 定番モデルなので他の人と被る
  • 手の大きな人には細すぎて書きにくいかも
  • 金属軸なので少し重い

初めての高級ボールペンを探している方にオススメの1本です!

以上お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お読みいただきありがとうございます。

ブログランキング参加中

クリックしていただけると
ブログ更新の励みになります
 ブログランキング・にほんブログ村へ

文具
スポンサーリンク
細腕トシをフォローする
とけブロ
タイトルとURLをコピーしました